ビリヤードの基本的なルール

ビリヤードの基礎に戻る

ビリヤードにおける共通のルールについて解説します。

各種ゲームには、それぞれに決まったルールがありますが、ビリヤードをプレイする場合の共通したルールがありますので、覚えておきましょう。

  1. 基本ルール
    • 手球(主に白球)を撞いて、的球を狙います
      •  スリークッションで後攻のプレイヤーの場合は黄球が手球となります
  2. ファールとなるプレイ
    • ルール上決められた的球に当たらなかったり、当ててはいけない的球に当たった場合
    • 手球を撞いた後に再度手球を撞いてしまった場合
      • 二度撞きのファールとなります
      • 主に、手球と的球が非常に近い場合におこりやすいので注意してください
      • 手球が的球と接触している場合には、的球の方向に向かって撞くと確実に二度撞きになります
      • ゲームのルールや、お店のルールによっては二度撞きがファールとならない場合がありますので、試合などでは念のため運営者に確認した方が良いでしょう
    • 手球や的球が場外に飛び出た時
      • 場外ファールとなります
    • ポケット特有のファール
      • ブレイクで、的球が場外に飛び出した時
        • 場外ファールとなります
        • ゲームのルールや、お店のルールによってはファールとならない場合もありますので、試合などでは、念のため運営者に確認した方が良いでしょう
    • ポケット、スヌーカー共通のファール
      • ノークッションファール
        • ポケットに何も入らなかった場合、手球が的球に当たった後、いずれかの球がクッションに接触しないとノークッションファールとなります
  3.  ファールとなる行為
    • 手球以外に手や洋服、キューなどが触れた時
      • 球触りのファールとなります
      • 女性の場合は、髪の毛がたまに触れてもファールとならない場合がありますが、試合などでは念のため運営者に確認した方が良いでしょう
      • ゲームのルールや、お店のルールによっては球触りがファールとならない場合がありますので、試合などでは念のため運営者に確認した方が良いでしょう
    • 両足が地面から離れた状態でプレイした時
      • どうしても届かない場合は、メカニカルブリッジを使用しましょう
      • 踏み台を使用してもOKです
    • ミスジャンプをした時
      • キューの先端に撞いているTip(ティップ、タップ)以外に手球が触れた場合はファールです
      • よって、手球の下をすくい上げるようなショットは、ジャンプショットでは無くファールとなります
  4. ジャンプショットについて
    • 手球の下をすくい上げてジャンプショットと行っている人を見かけますが、それはジャンプショットではありません。間違いです。
    • 手球の下をすくい上げた場合、Tipでは無く、その後に付いている先角(キューの先端の白い部分)に、手球が接触するためファールとなります
    • 45度ぐらいの角度で手球の上からキューを撞き出すショットのことをジャンプショットと呼びます
    • ジャンプショットは、経験と高度な技術が必要なショットであるため、慣れないうちはラシャを傷つける場合もあるので、ジャンプショットはしないようにしましょう
  5. マッセショットについて
    1. マッセショットは、経験と高度な技術が必要な最も難易度が高いショットであるため、基本的にマッセショットは厳禁です

ビリヤードの基礎に戻る