ビリヤードのマナー

ビリヤードの基礎に戻る

ビリヤードをプレイする際の基本的なマナー、約束事を学びましょう。

多くのマナーは、一般社会のルールと違いません。

マナーを守り、楽しくビリヤードをプレイしましょう。

  • マッセショット、ジャンプショットは原則禁止
    • 多くのお店では、マッセショット、ジャンプショットは禁止としています
    • マッセショット、ジャンプショット(いずれもキューを立てて撞き下ろすショット)は、ミスをした時にラシャを傷める可能性があるためです
    • 慣れないうちは、マッセショット、ジャンプショット(いずれもキューを立てて撞き下ろすショット)は行わないようにしましょう
    • 上級者の場合で、お店の人が認めている場合はその限りではありません
  •  くわえたばこでのプレイは厳禁
    • たばこの吸い殻で、ビリヤード台やラシャを破損すると損害賠償の対象となります
    • 数センチ、数ミリで数万円を請求される場合があります
    • 喫煙ルームが設けられている場合は、必ず喫煙ルームで喫煙してください
    • 喫煙ルームが無く、台に灰皿が設置してあっても、喫煙する場合は、相手プレイヤーに了解を得て喫煙してください
  • 飲食をしながらのプレイは厳禁
    • ビリヤード台(特にラシャ)を汚した場合、くわえたばこと同様に損害賠償の対象となります
  • キューを台に立てかけない
    • ビリヤード台にキューを立てかけてラックを組んだりする様子が多く見かけられますが、やめましょう
    • ビリヤード台の縁は不安定で、キューが倒れてしまったりして破損する可能性があります
    • 破損した場合は、損害賠償の対象となる可能性があります
    • ビリヤード台周辺のテーブルにキューを立てかけるためのゴムなどが設置してありますので、キューを置く場合は、かならずそちらに立てかけるようにしてください
  • 相手がプレイしている時は、座って相手のプレイを見る
    • プレイをしない場合は、椅子に座ってください
    • プレイをしないのに台の周辺に立っていると、周りのプレイヤーの邪魔になります
    • 相手のプレイを見ていることも基本的なマナーです
  • 大声で騒がない
    • プレイに夢中になって大声で騒がないでください
    • 周りでプレイしている人の集中を欠くことになり迷惑となります
  • 台に腰掛けない
    • ビリヤード台は厳密に平行を計って設置されています
    • 台に腰掛けることで、台に負担が掛かり、平行が崩れたり、台を破損してしまう場合があります
    • 台を破損した場合は、損害賠償の対象となります
  • 周囲に気をつけましょう
    • 移動する場合などは周辺のプレイヤーに気をつけてください
    • プレイ中のプレイヤーに接触したり、プレイの妨げになるなど、迷惑となる場合があります
  • 感謝の気持ちを忘れずに
    • ビリヤード台の間隔はお店によってまちまちですが、プレイする位置がとなりの台のプレイヤーとかぶる場合があります。その際は、気持ちよく相手に譲るか、譲られた場合には、お礼を言いましょう
    • 譲られた場合は、ショットが終わったら、その位置から速やかに移動し、譲ってくれた相手に場所を空けてください
  • 席を離れる場合には相手に伝えましょう
    • トイレに行くなど席を離れる場合には、相手に一言告げてから移動するようにしましょう
    • 席を離れる場合は、相手を待たせることになり無駄に時間が経過してしまう可能性があります
    • ビリヤード場の料金の多くは、時間制なので、なるべく早めに戻るようにしましょう
    • 時間が掛かりそうな場合は、相手に続けてプレイしていても良いことを告げてから移動しましょう

ビリヤードの基礎に戻る